ウイルスにはバルトレックスが良い理由

sei01

ウィルスというものは本当に厄介です。
なぜなら無機質に遺伝子をもっていて、ほかの生物の細胞に侵入させることによって増殖していくからです。
つまり、何らかの形で体に入った場合、元を絶たないと大変なことになるわけです。
それを何とかして対応するための薬が抗ウィルス剤で、今回はバルトレックスの効能について述べていこうと思います。
バルトレックスとは、前述のようなウィルスのDNAの複製を阻害して、ウィルスの増殖を抑えることが主要な効果になります。
それによって水痘の治療に寄与したり、性器ヘルペスの再発抑制に貢献したりしているのです。
それではバルトレックスのメカニズムを簡単に説明します。
これは、体内に吸収されていくのですが、その際にアシクロビルに変質して、帯状疱疹ウイルス感染細胞等の悪性ウイルスに入り込みます。
その時にウィルスの複製を妨害することで、ウィルスの繁殖そのものを抑えて、結果的に死滅させる働きをしているのです。
この薬の強みは、消化管からの吸収のされやすさで、一日の服用回数も少なめで、全体的な痛みも治まる優れものです。
勿論、いい面だけではなくて注意しないといけない点もあります。
その一つは妊娠中の方の服用は控える点です。
次に透析を受けている人は、医師との相談をして利用することが大切な点です。
また、ほかの薬を使っている人はその双方の効果を薄めたり、拒絶反応がないかを確認の上で、利用しましょう。
このように注意が必要ではありますが、基本的には安全なお薬です。またバルトレックスのジェネリック薬であるゾビラックスやバルシビルを利用すれば安価な治療が可能です。

参考:ゾビラックス(バルトレックス)でヘルペス治療