TOP > 性病の種類

性器ヘルペス以外にも性病はいくつも存在します。しかもそのどれもが自然治癒せず、厄介なので必ず薬を使い治療をしましょう。

厄介なのは他にもある

厄介な性感染症は他にもあることを説明する医者

非常に厄介な病気であるヘルペスですが、厄介な病気はヘルペス以外にも存在しています。

性感染症の中には自然治癒することがない病気もあり、感染しないように注意しなければならない病気も存在しています。

こういった病気に一度感染してしまうと、後々まで大変な思いをすることになるので、感染しないように十分注意しましょう。

性感染症と呼ばれている病気の多くは、主に感染している人と性行為を行うことによって感染が広がっていくという特徴があります。

そのため、パートナー以外と不用意に性行為をしないように気をつけるようにすれば、大体の性感染症は感染を防ぐことができます。

また、ヘルペス以外の厄介な性感染症にはどんなものがあるのか詳しく知っておけば、もしそれらの病気にかかってしまっても、速やかに治療をすることができます。

一体どのような病気があるのか、症状はどのような感じの症状になるのか、自分自身の身を守るためにもヘルペス以外にある厄介な性感染症について知っておきましょう。

感染率が高い性感染症

感染率が高い性感染症について説明する医者

性感染症の中でも耳にすることが多い病気といえば、淋病ですよね。

淋病は淋菌という原因菌に感染することで発症する性感染症で、一回の性行為での感染率は約30%と厄介な性感染症の一つです。

女性では子宮頸管、子宮、卵管、男性女性の両方では尿道、口腔、咽頭、目、肛門などに症状があらわれます。

淋病は男性器や膣、口、肛門の接触によって広がっていき、いくら治療を行っても、淋病にかかってしまっている人と再び性行為を行えばもう一度淋病にかかってしまいます。

また、淋病は出産のときに母親から子供へ感染を移してしまうという恐ろしい一面も持っています。

淋病は男性の場合、感染してから2日から5日後に、排尿時の焼けるような痛みや、白色や黄色、緑色をした分泌物が男性器から認められたり、睾丸が腫れて痛みを伴うなどの症状があらわれます。

ですが、女性の場合は淋病の症状は比較的穏やかであることが多いので、女性の方は特に注意が必要です。

女性ではっきりとした症状が出た場合、排尿時に熱感を持った痛みや、膣からの分泌物の増加、月経時以外の性器からの出血がありますが、男性のようにはっきりと淋病とわかるような特徴的な症状ではないので、少しでもこれらの症状があらわれたときは淋病を疑って病院へ行くようにしたほうがいいでしょう。

また、淋病には合併症もあり、治療をせずに放置していると合併症を引き起こして大変なことになってしまう可能性もあります。

淋病にかかってしまったときは放置せず、速やかに病院へ行って治療をしましょう。

女性でよく見られる病気

クラミジアにかかってしまった女性

性感染症は実に様々な種類がありますが、その中には女性がかかりやすいものや、男性がかかりやすいものがありますよね。

数ある性感染症の中でも、女性がかかりやすい性感染症がクラミジアです。

クラミジアは感染しても重篤な症状があらわれることはあまりありませんが、そのかわり、全く症状が出ずに感染してしまっていることに気がついていない人が多い性感染症です。

自分がクラミジアにかかっていることに気付いていない人は、そのまま性行為を行ってしまうので、そこからどんどん感染が広がっていってしまいます。

また、クラミジアは恐ろしい面も持っており、場合によっては不妊になってしまうケースもあるので、女性は特に注意が必要です。

クラミジアの症状は男性と女性で大きく異なり、男性の場合は尿道炎などが症状としてあらわれるので、男性のほうが感染に気付きやすいといえます。

女性の場合、性器の痒みやおりものの増加、性行為時の痛み、不正出血などが症状にあります。

性感染症の中には根気よく治療を行わなければならないものもありますが、クラミジアは治療薬をきちんと服用するだけで比較的簡単に治療することができます。

クラミジアにかかってしまったときは、きちんと検査を行って、治療薬をきっちり服用するようにしましょう。

幅広い年齢層で見られる病気

公衆浴場でも感染する可能性が

性感染症といえば若い人がかかるというイメージがありますし、実際にそのイメージ通り性感染症にかかってしまう人は若い世代の人が多いです。

ですが、性感染症の中にはトリコモナスのように、若い世代の人たちだけでなく中高年層など、幅広い年齢層で感染者がいる性感染症もあるので注意が必要です。

トリコモナスは肉眼で確認することができないくらいに小さな原虫が膣や膀胱に侵入することで、炎症などの症状を引き起こす性感染症です。

トリコモナスの厄介なところは、性行為だけでなく公衆浴場や公衆トイレ、タオル、下着などからも感染することがあり、性行為の経験がない幼児にさえ感染する恐れがあるのです。

感染してしまったときの症状は非常に特徴的で、強い臭いを放つ泡だった黄色いおりものが分泌されたり、性器周辺や膣に強い痒みといった症状が出ます。

クラミジアのように女性が感染しやすい性感染症という一面も持っており、男性でトリコモナスに感染する人は女性の半分以下といわれています。

また、トリコモナスは男性に感染した場合、自覚症状が全くあらわれないこともあります。

症状が出たとしても尿道の軽い痒みや、射精をするときに痛みを感じるくらいで、感染に気が付かないことも珍しくありません。

このように、ヘルペス以外にも厄介な性感染症は様々なものがありますので、若い世代の人たちだけでなく、全ての年代の人たちで気をつけるようにしましょう。